•  

     

     

  • WHAT IS HAPIKIRA?

    (株)ハピキラFACTORYは、

    「地方×女の子」ビジネスの第一人者として、

    「かわいい」を入り口に、地方を元気にしていく会社です。

     

    地方にある魅力的な商材をかわいらしくプロデュースし、発信していくことで、

    女の子たちが地方に興味を持つきっかけをつくろうと活動しています。

  • HAPIKIRA'S PRODUCTS

    かのこっくり

    2013.02.01

    小布施堂(長野県小布施町)

     

    100年の歴史を持つ老舗の小布施堂と、

     

    バレンタイン商品をつくりました。

     

    「買っているわたしにドキドキする!!渡しているわたしにドキドキする!!」

    をテーマに、重厚感のあるパッケージをかわいらしく一新。

    渋谷PARCOを中心に販売し、1週間で2000個売れる人気商品に。

    だいす樹

    2013.05.01

    浄光寺(長野県小布施町)

     

    恋愛のパワースポット・浄光寺と、

     

    恋愛絵馬をつくりました。

     
    浄光寺では、毎年春になると、

    濃いピンクの花桃が満開になります。

    「恋のとりこ」という花言葉を持つこの花をモチーフに、

    色も形もまったく新しい絵馬をデザインしました。

    「あなたの恋も満開に咲きますように」という願いを込めて。

     

    Sake de Pumpkin

    2014.05.01

    茨城県常陸太田市

     

    「Sake de Pumpkin」は、

    茨城県日立太田市の「里川かぼちゃ」という珍しい品種のかぼちゃを使った、フルーティな焼酎です。

     

    「焼酎」は女の子にとって遠い存在ですが、

    そんな女の子にも手にとってもらいやすくするため、

    ハピキラFACTORYがプロデュースをしました。

     

    決まった量しか収穫できないかぼちゃのため、

    1000本限定で販売し、毎年完売しています。

    MASS MASU

    2015.07.01

    岐阜県大垣市

     

    「みんなが枡を使うことによって、ますます日本が元気になってくれたら…」という願いを込めてつくった、オリジナル枡です。

     

    1300年もの歴史を持ち、現在も年間250万個もの生産量を誇る枡。

    実は、その80%が岐阜県大垣市のたった5軒の工房でつくられています。

    しかし、業界全体が下落傾向にあるのが現状です。

    枡も、枡を使う文化も、このままだとなくなってしまう…。

    そう考えた私たちは「道具」ではなく

    「財産」にしたくなるような枡をつくりました。

    10年使えるmy包丁

    2015.07.15

    岐阜県関市

     

    10年使えるmy包丁は、本物の包丁デビューをする女の子のために作りました。戦国時代から刀鍛冶のまちとして栄えている関市で、

    高度な技術を�持つ職人により作られた包丁です。

    包丁は、お手入れをしながら大切に使うと、一生使うことができます。

    「お手入れをしながら本物の包丁を大切に使いつづける」ことは、

    あなたの暮らしをきっと豊かにしてくれるはずです。

  • JAPAN OMOTENASHI COLLECTION

    2020年の東京オリンピックに向けて

    開発しているギフトBOXです。

    「世界中の人が日本に来てくれる機会だからこそ、

    日本の本当に素敵なモノを

    おみやげに買ってほしい」。

    そんな願いから

    このプロジェクトは始まりました。

    日本を代表するおいしいお菓子を

    都道府県ごとに詰め合わせています。

    長野版

    2014.06.01

    長野県のフルーツをふんだんに使った、

     

    夏らしいお菓子を詰め合わせました。


    【商品内容】

    杏ジュレ

    水栗羊羹

    長野アップルパイ

    岩手版

    2014.10.01

    岩手県内で地元の人に愛されるお菓子を詰め合わせました。

    【商品内容】

     

    北かぼちゃ(ケーキ)

    南部煎餅クッキー
    ごま摺りダックワーズ

    広島版

    2015.06.01

    国産レモン発祥の地・広島県のレモンを使った、

    夏にぴったりのお菓子を詰め合わせました。

     

    【商品内容】

    レモンラスク

    れもんげ(レモン風味のメレンゲ)

    レモンケーキ

    佐賀版

    2015.10.01

    「羊羹の年間消費量日本一を誇る、小城の羊羹」と

    「日本茶発祥の地、嬉野の和紅茶」の詰め合わせです。

     

    【商品内容】

    むら雲堂「小城のようかん」

    村岡総本舗「小城羊羹」

    中島美香園「嬉野紅茶・緑茶」

    三重版

    2016.06.20

    伊勢志摩サミットで話題となっている三重県の

    海の恵みをはじめとしたおいしいもの、

    そして伊勢神宮に由来する縁起の良いものをセレクトしました。

     

    【商品内容】

    ブランカ「シェルレーヌ」

    アクアイグニス「伊勢海老パイ」

    糸川屋製菓「伊勢志摩塩サブレ」

    アルゴプラン「茶柱縁起茶」

  • HAPIKIRA'S MEMBER

    正能 茉優

    代表取締役

    1991年8月22日生(25歳)
    東京都出身

    小学6年生から高校卒業までの7年間
    読売新聞の子ども記者として活動。

    2010年慶應義塾大学総合政策学部入学。
    デザイン思考・オーラルヒストリー

    を学ぶ傍ら、

    衆議院議員学生秘書・

    恋愛ゲームのシナリオライター

    として活動。

    2012年「小布施若者会議」を創設。
    その後、副代表の山本を誘い、
    2013年(株)ハピキラFACTORYを創業。

    大学卒業後は、広告代理店に就職。

    その後、ソニー(株)に転職し、
    (株)ハピキラFACTORYの社長も勤める

    「パラレルキャリア女子」。

    山本 峰華

    取締役

    1991年3月15日生(25歳)

    東京都出身

     

    中高ではアナウンスや番組制作

    に取り組み、

    全国大会などに出場。

     

    2009年慶應義塾大学総合政策学部入学。

    在学中は、

    オーラルヒストリーを学びながら、

    NPO法人Youth for 3.11の運営や、

    家庭教師の営業などを行う。

     

    2010年長野県小布施町の

    まちづくりインターンに参加し、

    代表の正能と出会う。

    2012年、小布施若者会議を創設。

    2013年(株)ハピキラFACTORYを創業。

     

    卒業後は、人材サービス業の

    企画職としても働く。

    正能と同じく

    「パラレルキャリア女子」。

     

     


     

  • SUPPORTERS

    地方創生四役のみなさんと

    長野県小布施町 町長と

  • MOVIE

    雑誌『ソトコト』編集長・指出さんが

    ハピキラFACTORYを解説してくださいました。

    平将明内閣府副大臣と

    活動についてお話ししました。

  • HAPIKIRA'S FACEBOOK

    Facebook

     

  • CONTACT